知って向き合うADHD 保護者向け知って向き合うADHD 保護者向け

ADHDってなに?

ひとりで悩まず相談してみようひとりで悩まず相談してみよう

「誰かに相談したいけれど、どこに行けばよいか分からない」と悩む家族は多いと思います。ひとりで抱え込むよりも、まずは身近な専門家に話を聞いてもらい、どうすればよいかを一緒に考えてもらうことが、お子さんの普段の生活をサポートするための第一歩につながるかもしれません。

医療機関に相談してみよう

「子どもの発達」については、医療機関によって、小児神経科、児童精神科など、診てもらえる診療科が異なっています。たずねる予定の医療機関にあらかじめ問い合わせておくとよいでしょう。医療機関を受診することで、子どもが困っている理由や原因をはっきりさせることにつながることもあります。

身近な学校・施設に相談してみよう

「うちの子、なんだか気になる」と悩んでいるなら、まずは近くの児童(子ども)家庭支援センター、家庭児童相談室などの身近な施設に相談してみましょう。また、お子さんの担任の先生を介して、特別支援教育コーディネーターなどに相談することもよいかもしれません。

相談に行く前に用意したいもの

ADHDの診察の参考になりますので、お子さんの発育歴や生活・学校の様子、得意なことや不得意なことなどを整理しておくとよいでしょう。

● 母子手帳

● 育児日記

● 学校の通知表 など

イラスト:用意したいもの

相談機関に相談してみよう

相談できる機関は自治体によって異なります。詳細は相談機関にあらかじめ問い合わせておくとよいでしょう。

発達障害者支援センター

発達障害の早期の発見と、発達障害を持つ本人やその家族への支援を目的とし、相談や情報提供を行う施設です。発達障害者に対し、専門的な発達支援や就労支援を行っています。


児童(子ども)発達支援センター

障害のある子どもに支援を行う地域の中核的な施設です。集団療育や個別療育が必要な子どもが通所し、日常の基本動作や自活に必要な知識・技能の指導、集団生活へ適応するための訓練を行います。また対象の子どもの家族や所属施設への相談に応じ、助言します。


児童(子ども)家庭支援センター

児童相談所など関連機関と連携しつつ子どもへ相談支援を行う、地域に密着した福祉施設です。家庭からの専門的な相談や、児童相談所から依頼された児童や家庭への指導、市町村の求めに応じて技術的な助言や援助を行います。心理療法などを担当する職員も配置されています。


上記の相談機関のほかにもこのような機関があります


家庭児童相談室

子どもの福祉に関する相談や指導の充実を図るため、市町村の福祉事務所に設置されています。不登校、非行や発達の遅れなどのような子どもや家庭などで生じる問題に対する相談に応じ、必要な支援を行っています。虐待に対する相談・通告をする役割を持っています。また、子どもの福祉に関する相談に応じている施設として児童相談所があります。家庭児童相談室では、虐待の防止や早期発見に積極的に取り組みつつ、住民に身近な市町村において、きめ細かな相談対応を行っています。一方、児童相談所はより専門的な知識や技術が必要なケースへの対応や家庭相談室へのサポートを行っています。

知って向き合う 子育てサポート 小冊子PDF

このページの情報を掲載した小冊子PDFを
ダウンロードいただけます
(全16ページ:2.2MB)

PDFをダウンロードする

監修(五十音順)

  • 社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会
  • 総合母子保健センター 愛育クリニック 愛育相談所 所長 齊藤 万比古 先生
  • こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
  • 奈良教育大学 教育学部障害児医学分野 教授 / 特別支援教育研究センター長 根來 秀樹 先生
  • 東海大学 医学部専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生
  • 東京家政大学 子ども学部子ども支援学科 教授 宮島 祐 先生
このページのトップへ