ADHDについて

ADHDに伴いやすい事象ADHDに伴いやすい事象

ADHDのある子どもは、ほかの神経発達症群を併せ持っていることが少なくありません。そのような場合は、複数の神経発達症の特性への配慮・支援が必要になってきます。例えば、SLD(限局性学習症)やASD(自閉スペクトラム症)を併せ持つ場合などがあります。それぞれの障害を併せ持った場合にどのような状態になるのか、少し詳しくみてみましょう。

SLD(限局性学習症)を併せ持つ場合

SLD(限局性学習症)とは?

全般的な知的水準は低くないのに、「読み」「書き」「計算」「数学的な推論」などの学習スキルのうち、特定のものの習得や習熟が著しく困難な状態をいい、そうした学習スキルに対応する脳の働きの問題と関連すると考えられています。
学習が始まる小学校以降に気づかれやすいといわれており、知的能力障害とは違って得意な分野ではよい成績を取る子も多いため、「頑張りが足りない」「もっと努力しないと」などと思われがちです。

「学習面の困難」とその対応例を、ADHDとSLDそれぞれの視点でみてみましょう。

図:学習面の困難

この図の例で示されるように、ADHDとSLDでは学習面での困難への対応が異なります。
ADHDの特性への対応だけでうまくいかない場合、SLDの視点からのアプローチを行うなどの工夫が必要になります。

ASD(自閉スペクトラム症)を併せ持つ場合

ASD(自閉スペクトラム症)とは?

自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害など似た症状を持つ一連の疾患をASDと呼ぶようになりました。「人との関わりやコミュニケーションが苦手」「興味のかたより、こだわりが強い」「感覚のかたより、動きがぎこちない」といった特性がみられます。「自閉」という表現から、「引きこもり」「心を閉ざしてしまう病気」といった間違ったイメージを持たれてしまうことがありますが、心理的なものではなく、幼少期から認められる脳の機能のかたよりにより人間関係を形成することや、状況理解に困難が生じる状態のことです。

ADHDの診断を受けた子どもにASDの特性が併存することや、ASDの診断を受けた子どもにADHDの特性が併存することもあります。両者の特性を併せ持っているとき、日常生活の困難が増すことが知られています。
両者を併せ持っているとき、ある行動上の問題がADHDの特性に由来しているのか、ASDの特性に由来しているのかを知ることは、適切な対応を行う上で大切です。
しかし、その区別は非常に難しいとされています。

<参考>:ADHDと症状が似ている疾患(愛着形成の問題)

神経発達症(発達障害)ではありませんが、症状が似ていることからADHDと並べて語られることの多い愛着形成の問題についても説明をしておきます。
愛着障害は極端な警戒心や過度のなれなれしさなどの対人行動の問題、多動や攻撃性などが特性です。ADHDと似ている特性がみられることがあるため、誤解されてしまうこともあります。愛着障害は全く世話をされないで育ってきた状況(ネグレクト)や頻回に養育者が交替するなどの状況で生じるものです。
ADHDと愛着障害とでは対処の方法が異なるため区別が必要です。ADHDの場合は、その特性を理解した関わりを重要視し、その子の感じている困難を軽減できるようにと考えます。愛着の問題が考えられる場合は、子どもだけでなく、保護者もケアし、安定した養育環境を保障しながら徐々に症状が治まっていくことを期待します。また、ネグレクトや虐待が疑われた際には児童相談所などに相談することも選択肢の一つです。

監修(五十音順)

  • 奈良県立医科大学医学部看護学科人間発達学 教授 飯田 順三 先生
  • 名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科 准教授 岡田 俊 先生
  • 白百合女子大学発達心理学科 教授 宮本 信也 先生
このページのトップへ

本サイトのご利用に関しましては、必ず利用規約をご確認ください。本サイトを引き続き閲覧いただく場合、利用規約に同意したものとみなさせていただきます。さらなる情報をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

続ける