ADHDのある子どもへの対応

ADHDのある子どもの行動の理由を知るADHDのある子どもの行動の理由を知る

※本コンテンツは、ADHD以外の発達障害と共通する内容が含まれています。

ADHDのある子どもは、その特性から、場合によっては授業の混乱や友達とのトラブルなどを招くことがあります。しかし、それらは「わざと」行っているのではありません。本人自身もどうしたらよいかわからず「困っている」状況であることを理解しておきましょう。
また、ADHDの行動は努力で直せるものではありませんし、親の育て方のせいでもありません。「本人の努力が足らない」「親のしつけ不足」といった誤解は、本人や親御さんを追い詰めてしまいます。
教師がADHDのある子どもの行動の理由を正しく理解することが大切です。
ADHDのある子どもの行動やその理由はさまざまですが、以下に教室で見られる例のうちいくつかを紹介します。

【例】

思いついたまま行動する

イラスト1:思いついたまま行動する
 現れる行動

授業中、友達の消しゴムなどを黙って使ってしまう
先生が質問している最中に、だしぬけに答えてしまう など

 行動の理由

自分でもブレーキをかけることができずに突発的にやってしまう
前に注意されたことがあっても、そのことを忘れてしまう
相手を傷つけるつもりがなくても自分の感情や行動が抑えられない など

注意を払うことが難しい

 現れる行動

上の空でぼーっとしており、話を聞けない
忘れ物やケアレスミスが多い など

 行動の理由

気づくと話が終わっていることもあり、聞きなさいと言われても聞けない
忘れないようにと思っても忘れてしまい、どうしたらいいかわからない
うっかりやってしまう など

じっとしていることが難しい

イラスト2:じっとしていることが難しい
 現れる行動

授業中でも教室内を歩き回る、おしゃべりをする
常に体が動いている など

 行動の理由

じっとしていると、眠くなったり、イライラしたりしてしまう
同じ姿勢でいるのが疲れてしまう
自分で止めたくても止められない など

監修:筑波大学人間系障害科学域知的・発達・行動障害学分野 教授 柘植 雅義 先生

このページのトップへ

本サイトのご利用に関しましては、必ず利用規約をご確認ください。本サイトを引き続き閲覧いただく場合、利用規約に同意したものとみなさせていただきます。さらなる情報をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

続ける